ED治療薬のレビトラの特徴や個人輸入代行の優良サイトの判別方法などをご紹介しています。

レビトラ情報局
MENU一覧

ED治療薬のレビトラ

国内で初めてED治療薬が医師により処方されたのが1999年の事になります。

その翌々年の2001年には新たに厚労省へ承認の申請を行い、その3年後の2004年に申請が認められ製造する事や医師による販売が認められたレビトラとは、初めに【5mg】【10mg】の処方が開始され、遅れて3年後の2007年より【20mg】の処方が開始されました。
特徴ある即効性
現在ではこれら3つの用量規格の処方が行われており、国内では何処の医療機関へ受診しても保険の適応を受ける事の出来ない自由診療となり薬価自体の基準が未収載となる事が特徴とされます。
又、~mgは主要成分となる塩酸バルデナフィル水和物の含有量を示すとされ、1錠当たりの総量が23.705mgとなるので上記3つの用量が1錠当たりに含有される成分量を示すとされています。

-レビトラの由来-
レビトラは発売当初、「ED治療は話す事から始まる」のコンセプトに基づいて広告宣伝が行われました。
張り紙広告や有名人を起用してテレビCMでの映像広告等により宣伝され、特徴あるメロディーとブランコを漕ぐ姿が強く印象付け、その知名度は一気に高まりました。
薬剤名の由来には意味が込められており、英文表記にすると「LEVITRA」となり、始めのLEとVIRAの2つの意味から作られた造語になり、LEはフランス語で男性を示す定冠詞として用いられ、VITRAはラテン語で男の生命を現すとされ、パッケージには特徴的なマッチの灯火がマーク印刷されており、速効性を最大の特徴としているED治療薬となるので「素早い効き始め」や「内服してから直ぐに効く」の比喩表現として、マッチの様に擦れば直に火が着く事を意味して灯火がパーッケージのロゴになっているとされます。

実際に効き始めまでが全てのED治療薬の中でも最も早く、短い時間で作用させる事が出来るので何時でも内服し十分な作用を発揮させる事ができ充実した性交を営む為に男性の方を補助してくれるので、刺激や興奮を催す事で膣挿入には十分な迄に硬度を高め膨張した勃起状態を起こす事が出来ます。

特徴ある即効性

特徴ある即効性 世界で初めて男性の方の勃起不全を治療出来る薬として誕生したバイアグラ。
それに次いで幾つかの欠点を改善し更に一つ特徴を付けて2004年から国内での処方を開始したのがレビトラです。
円形で濃いオレンジ色の外見をした経口内服薬です。

性交の前に1錠を水と一緒に内服する事で刺激や興奮を催しても勃起状態が起こらない方や一時的に硬くなるもののそれを挿入中に維持出来ない状態となる「中折れ」と言われる症状を改善させる事が出来ます。
この薬に最も期待されるものは何といっても内服してから効き始め迄の速さが同系統の薬の中で最も早く、即効性に優れた成分を含有していることです。
短い時間での効果を期待する事が出来るので、例えば相手と急にホテルに行く事になった場合等にも効きの速さが急な出来事にも対応出来る様になり、男性の方の勃起状態を起こす迄をしっかりと補助してくれます。
以下はペニスの悩み相談という性の悩みに関する専門サイトですが、こちらの管理人もレビトラを愛用していることを明言しています。
レビトラは水に溶けやすい性質のため最も即効性があるED治療薬で、食事の影響を受けにくいのが大きな特徴です。
個人的には一番万能なイメージで、管理人が常に持ち歩いているのはレビトラ系のED治療薬です。
理由は単純です。いついかなる時に食事→大人の時間となっても、これがあればいつでもどこでも、射精直後に何度も勃起できる最強状態になれるためです。

引用元サイト:勃起不全にはレビトラ|おくすり購買部
成分塩酸バルデナフィル水和物が即効性を生んでいるとされ、この成分は性質上、水等に溶け出し易く内服してから僅か15~20分程で効きを実感する事ができます。
更に成分が血中内での濃度が最も高くなる時間も1時間を必要としないとされているので、目安として内服するタイミングが行為前30分とする事ができ、直前での内服とする事が出来ます。

又、ED治療薬の成分はどれもが腸より吸収され作用するので従来迄のバイアグラは内服の2時間前には空腹状態を保つ必要がありました。
ですが、レビトラはその吸収率が非常に良いとされている事から空腹での内服を心掛ける必要が無く、約700kcal迄の食事は摂る事が出来るとされ、即効性に加えて大きく改善された点になります。

  • edの原因
  • レビトラとバイアグラ、シアリスの違い

ジェネリックの需要

まずジェネリックを簡単に説明します。
ジェネリック 先行医薬品と同一の成分を含有する同様の効果が期待出来ると安価で購入出来る利点を持った薬になります。
安価な事は勿論の事、速効性や勃起状態を起こす補助を行う作用も同様とされています。
上記の事や1割程度の負担で購入出来る事からジェネリックに切り替える方が国内でも増加の傾向にあります。

医療機関への受診を躊躇い、抵抗感がある方も受診を必要としない個人的な治療を行える事から切り替える方も居るので、その需要はより一層高まっていると考えられています。
ここまで見ると先行医薬品に利点をプラスした薬の様にも思えますが、国内での購入は行われていない海外医薬品となるので購入先は十分に慎重な選択が必要と言えます。
場合によっては偽物となる事があり、実際にそういった被害の報告も上がっています。
輸入代行を行う通販サイトは多く存在するので、そういったサービスを利用する事で安全な購入を行う事が出来る様になり、ED治療薬がいつの日か保険の適応範囲となるまでは、ジェネリックの需要はこれからも高まっていくと予想されます。

  • ジェビトラの詳細
  • バリフの詳細
  • レビトラジェネリックとは
  • 特徴ある即効性

レビトラの優良個人輸入代行サイトの見分け方

海外医薬品の個人輸入代行サイトは現在数多くあります。
中には本物と偽り粗悪品を販売する業者がいるのも事実です。

では、どのようにして優良サイトを見抜けば良いのでしょうか。

-悪徳サイトの一例-
・他サイトと比較し、商品の価格が極端に安い
・所在地や会社概要の記載がない
・問い合わせの対応が悪い
・ホームページの作りが粗末

上記の項目に当てはまる代行サイトでの購入は避けた方が良いでしょう。
反対に優良サイトの特徴についてもお話させてもらいます。

-優良サイトの一例-
・サポート対応が親切
・正規品・配送100%保証であること
・会社所在地が記載されている
・商品の種類が豊富

優良サイトの中でもお薬110番は正規品100%保証で確実に配送してくれます。
また他の個人輸入代行サイトとは違い、電話での注文や問い合わせを受け付けている点においても
利用者にとっては嬉しいサービスでもあります。

レビトラの購入を検討中の方がおりましたらぜひお薬110番を利用してみてください。

医薬品の病院処方海外通販サイト

いざ、ED治療薬の服用を決意しても実際にどうやって入手すれば良いか迷う人もいると思います。
現在日本においてのED治療薬の入手方法は2つありあります。

お近くの泌尿器科やあるいはEDを専門的に取り扱っているクリニック等に受診して処方して貰う場合。
個人的に海外に注文し輸入する場合や国内のインターネットサイトから輸入の代行サービス提供事業者から購入する場合。

どちらもメリット・デメリットがあります。

医療機関であれば医師の処方では内服の方法から併用を禁忌されている医薬品の説明等の内服に当たる注意事項等の説明を受ける事が出来ます。
万一の事を考慮して安全面で考えるので有れば医療機関への受診が最も良い選択となります。
ですが、やはりEDの悩みは男性にとっては非常に言いにくいことです。
また最近では増えてきましたが、ED専門のクリニックに関しては都心部に集中してる傾向があり、郊外に済む方にとっては通院するのは大変苦労するものです。

逆に通販サイトを利用する場合には誰とも対面せずに購入出来る為、他人に自分のコンプレックスがバレてしまうことはありません。
自宅や外出先であってもネット環境が繋がる状態であれば10分程度で注文することが出来ます。
逆に不利になってしまう点ですが、個人使用になる事から万一、重篤な副作用症状を起こしても自己責任となります。

どちらを選んでも入手できることに間違いはありません。後は自分に合った選び方をするだけです。
  • 処方と病院でどちらが安い
  • 海外通販で届くまでの流れ