ED治療薬のレビトラの特徴や個人輸入代行の優良サイトの判別方法などをご紹介しています。

レビトラ情報局
MENU一覧

ジェビトラの効果

ジェビトラの詳細 レビトラジェネリックとして後発医薬品に位置付けられ、国内では医師からの処方を受ける事が出来ず未承認の医薬品となるジェビトラとは、成分塩酸バルデナフィルクエン酸塩を同一とし、その用量単位も20mgと同一用量とされるED治療薬となり、勃起不全を罹患している方が医療費を抑える治療を継続していく目的で輸入等の手段で購入し性交前に内服する錠剤型の治療薬です。

先行医薬品の医師処方は一錠2000円としていますが、レビトラジェネリックで有ればそれを180~200円程度とする事ができ、一割程の負担に収める事が出来るので経済的に負担を掛ける事無く同一の特徴や作用を発揮させる事が出来るとされます。

ジェビトラの特徴としては薬価以外にも成分バルデナフィルが水に溶け出しやすい性質とされる事から効き始め迄に掛かる時間を短くする事ができ速効性が特徴とされ、投与を行ってから僅か15分程で作用が開始され血中内で成分濃度が最も濃くなる時間も1時間を必要としないので内服目安を性交を性交の30分前でも良いとしており、この効き目の速さはED治療薬成分の中では最も優れた点になります。

又、先行医薬品同様にジェビトラも食事による影響を受けづらいとされる事から約700kcal迄の食事で有れば空腹状態を保つ必要は無いとされており、上記特徴の速効性を最大限に発揮したい場合にはやはり空腹状態での内服が望ましいとされますが、食事を挟む事が出来るのは空腹状態を耐える必要が無いので、相手と食事をしても効き目を失う事は無くなり安心して性交を営む事が出来ます。

ジェビトラの副作用

レビトラと同様で服用後、顔の火照りや眩暈、鼻づまりと言った副作用の症状が起こることがあります。
副作用の症状が出た際、薬効が効いている証拠でもありますので特に心配する必要はありません。
ただし、重度の頭痛や薬の効果が切れた後も副作用の症状が治まらない場合には医師へご相談ください。

ジェビトラの種類と入手方法

インターネットの通販サイトでの入手になります。
この際、個人輸入代行サイトを利用しますと薬価を抑え低価格で購入することが出来ます。錠型以外にもゼリー状のものもあり、錠剤を飲み込むのが苦手な方でも手軽に服用出来ます。

継続的な服用を望んでいらっしゃる方であれば病院の処方で入手するレビトラではなく、通販サイトを利用してジェビトラを購入される方が経済面でも有益なものと言えます。