ED治療薬のレビトラの特徴や個人輸入代行の優良サイトの判別方法などをご紹介しています。

レビトラ情報局
MENU一覧

三大ED治療薬の違い

国内で1999年から処方が始まったED治療薬ですが、最初に誕生したのがバイアグラです。
それに次いで2004年にはレビトラ、3年後にはシアリスが次々に承認され現在はこの3種類のどれかの処方をEDを罹患している方が受ける事が出来ます。
成分がそれぞれ異なるものの作用は同一とされますが、薬価もそれぞれ異なり、更には1錠あたりへ含有される成分用量も異なるので、何を基準に処方を受ければ良いかを悩ませてしまう事も多いはずです。
やはり薬なので同じ症状でも本人の状況や使用頻度等によっても求められる特徴は異なるので、以下にそれぞれの特徴を記載するので選択の材料として判断の基準にして貰いたいと思います。

・バイアグラ
特徴は作用が他に比べて強いという事が挙げられます。
内服してから効き始めると一気に血行が促進されるので内服した方は「効いているな」と実感し易くなります。
最も効き目を実感し易い薬とされ、作用時間が最も短く最大で6時間と言われているので一回の性交を力強い勃起力で必ず成功させたい方にはお勧めです。
反対に弱点ですが、作用時間が短い事から何度も性交を営む事には向きません。
食事の影響を受け易い事から目安として内服の2時間前からは食事を摂る事が出来ず、食べ物が入っている状態では効き目を薄くしてしまう事や効き目が発揮されない可能性が有ります。

・レビトラ
何といってもこの薬は即効性を期待する事が出来るとされております。
内服から20分程度で効き始めるとされ、素早い効き目により多くの状況で活用する事が出来ます。
急な予定でも対応出来る事から利便性が最も高いと考えられており、更には上記の弱点を改善し作用時間も最大で10時間と長く、食事も約700kcal迄であれば成分が不活化する事がありません。
安定した作用を期待する事が出来るので相手と食事を楽しんだ後からの内服でも充実した性交を営む事が出来ます。
弱点らしい弱点は見当たらないレビトラですが、強いて言えば最大の特徴で有る即効性を最大限に発揮させたいのであれば、やはり空腹状態での内服が必要になるという事が挙げられます。

・シアリス
シアリスは上記の弱点を全て改善した薬です。
効き目の強さはマイルドになるものの時間を掛けて作用する事から作用時間が最も長く最大で36時間の持続性を持ちます。
更に上記の薬は9割近い方に副作用症状として紅潮や目の充血等を起こすとされますが、緩やかな効き目がその発現率を低下させる事に繋がり、発現率を低下させる事が出来るので落ち着いた効き目を期待するのであれば最も優れた薬になります。
しかし、弱点として効き始める迄で余りにも個人差が大きく1~4時間と3時間の開きがあるので、予め内服しておかなければ性交時に効き目が発揮されない事が有ります。