ED治療薬のレビトラの特徴や個人輸入代行の優良サイトの判別方法などをご紹介しています。

レビトラ情報局
MENU一覧

処方と通販でどちらが安い?

病院での処方と通販サイトの選択で最も低価格な治療費に抑えるか又、その際のメリットやデメリットを徹底比較してみます。
比較
まず、医療機関への受診をした際に掛かる費用として単純に掛かる費用です。
自宅からの交通費(場合によっては除く)、診察代、薬の処方費用となります。
これらは国内では何処の医療機関へ受診した際にも変わる事は無いとされ、また診察から処方迄を保険適応の範囲内で行う事が出来ません。
その為、通常の3割負担では無く100%全額自己負担となります。
レビトラは薬価を基準を持たない薬に分類されるので1錠当たりの薬価が非常に高く、最も多い用量の20mgの処方となると2000円程になります。

次に通販等で購入する際に掛かる費用です。
まず交通費や診察代がありません。
そして更にジェネリックになるので1錠当たりを250~300円程度に収める事ができます。
薬代のみで考えれば圧倒的にジェネリックの購入の方が低価格で内服を始める事ができます。
他に掛かる費用としては手数料や海外からの輸入となるので送料等が掛かってきますが、
殆どのサイトが例えば一定金額に達する購入であれば送料を無料にしたり等の施策を講じているので掛からない場合も有り、
業者によってはポイントが付く事も有るので購入回数が増える事で何錠かは無料に等しい価格で購入出来る様になる場合もあり、掛かるのはほぼ薬代のみとなります。

上記の事から考えると通販での購入が価格面では安く収める事が出来ます。
どちらを選択する方が多いかは一概には言えませんが、やはりネックとなる薬価を抑える事が出来るジェネリックを希望する方は増加の傾向に有ると言われています。