ED治療薬のレビトラの特徴や個人輸入代行の優良サイトの判別方法などをご紹介しています。

レビトラ情報局
MENU一覧

海外通販で届くまでの流れ

個人での使用範囲内であれば個人輸入サイトを利用しての購入は法律によっても認めらています。
渡航先で購入して国内へ持ち込む事も一部を除いては可能とされています。

「保険の効かないED治療に掛かる費用を少しでも抑えよう」
「病院で診察を受ける事に抵抗感がある」
「EDで有る事を誰にも知られたく無い」

上記のように個人によってその理由は様々ですが、いずれにせよ病院に行かず低価格で購入する事が可能です。
その為、注文から到着迄には一定の日数を必要とはしてしまうものの先発医薬品から切り替えて治療にしている方が増加しています。

しかし、保険の適応が無い事が病院処方のデメリットであります。
安全性は間違い無く医師処方となりますが、内服方法や注意事項が分かっている方であれば海外通販を利用する方にメリットを感じる方は少なくありません。
個人的に輸入する場合を例に取ってしまうとある程度の語学力が必要になります。

輸入代行を利用し、商品が到着する迄の一連の流れです。
海外通販 最初にインターネットから商品を選択し注文を確定させます。
その際に注意が必要なのはあくまでも代行をサービスとしているので先払いとなりクレジットカードでの決済や銀行への支払いになります。
商品が手元に届いてから支払をする代引きを利用する事は出来ません。
そして、支払の完了を確認されると海外へ発注し海外から商品が送られてきます。
ここで注意すべき点ですが、輸入時には税関の検査を受ける事が有り規定量を超えている場合には税関検査で輸入を止められてしまう事があります。
異常無しと判断される事で記載された住所宛に商品が送り届けられ手元に商品が届くという流れになります。
ここまでに掛かる日数は10日から14日前後とされているので、使用したい時に手元に商品が無いのであれば本末転倒となるので予め注文をしておく必要があります。
送料を含めてもレビトラジェネリックは低価格で有る事に変わりは無いので、利用するのであれば価格面では大きなメリットとなります。