ED治療薬のレビトラの特徴や個人輸入代行の優良サイトの判別方法などをご紹介しています。

レビトラ情報局
MENU一覧

ED(勃起不全)の原因

EDの原因 男性の方にのみ起こる男性特異な性的機能障害の一つとなるEDですが、その原因は海綿体へと輸送される血液の流入量が低下してしまう為です。
心の問題をきっかけに上記の原因に繋がる事や肉体面での機能が衰える事や神経や血管の病気や事故等で損傷した場合等でも起こります。
勃起状態を起こすまでの仕組みとして脳と神経、血管、そして海綿体の機能が正常に行われる必要があります。
そのどれか一つでも欠けてしまう事が性的に刺激を受けたり興奮を催しても勃起状態を起こす事が出来無くなってしまいます。

心や体に起こる影響が血液流入不足を招いてしまい、その際に海綿体に常在している酵素5型のホスホジエステラーゼという物質が優位な状態が続いてしまう状態となり、本来のこの物質の作用は日常生活であるいは射精した後に優位となる事で勃起状態が起こる事を抑制したり解消したりする事が出来る抑制物質となります。

しかし、これは勃起状態を起こす為に必要な体内分泌されるcGMPを分解してしまう作用を持ちます。
その結果、血管を拡げる事が出来なくなってしまい上記の原因を招きED発症となります。

EDに対するレビトラの作用

EDに対するレビトラの作用 上記の事からレビトラを性交30分程度に内服する事により、5型ホスホジエステラーゼを阻害する事ができ、物質の分解を防ぐ事が出来ます。
その結果、陰茎内の血管の周りに有る平滑筋を弛緩する作用が起こり、刺激や興奮を催す事で一気に血液が海綿体へと輸送されるので、血液に満ちた海綿体が静脈を圧迫する事で硬度もあり、それを性交中に維持する事の出来る勃起状態を起こす事が出来る様になります。
臨床試験の結果からも7割以上の方に有効性を示す事が証明されているのでEDを治療する為の最初の選択となります。
上記の作用はED治療薬で有れば同一作用となりますが、本剤は即効性という一つの大きな特徴を持っているので他の治療薬に比べ少ない時間で作用させる事ができ、30分程を目安に性交直前でもきちんと効き目を発揮させる薬となります。

レビトラの副作用注意点

レビトラの副作用と注意点 レビトラを始めとするED治療薬を服用する際にはいくつか把握しておかなければいけないことがあります。
まず併用禁忌薬についてです。
併用禁忌とは飲み合わせの悪い薬や併用することで薬の効き目が弱くなったり、その反対に強い副作用を生じてしまうので飲んではいけないということです。
具体的にレビトラの併用禁忌薬は下記の通りになります。

・硝酸剤(主に狭心症や心筋梗塞の発作を抑える為に使用するニトログリセリン)
・抗不整脈薬
・抗ウイルス剤
・抗真菌薬

上記と併用して飲んでしまうと命の危険に関わることにもなりかねますので絶対に併用しての服用は避けてください。
つづいて副作用です。
主に火照りや頭痛、鼻づまりなどがあります。
こちらは薬の効き目が効いている証拠でもありますのでこの症状が出たからと言って慌てる必要はありません。
薬の効果が切れると同時に副作用の症状も次第に治まります。